会計事務所の給料は安い?

税理士志望者の転職ナビ

会計事務所 給料

(会計事務所の給料は安い?未経験者・経験者別の平均年収を紹介するとともに、稼ぐ税理士になるための方法を具体的に解説いたします)

  • 税理士を目指して勉強しながら会計事務所で実務経験を積んでいこうと考えているけれど、会計事務所は給料がとても低いらしい…。5年間で試験に合格したとしてもその間は低年収で我慢しないとダメ?
  • 会計事務所の平均給料額を知りたい。1年目の年収は?実務経験がある程度ついてきたら年収600万円以上~とかいけるの?
  • 先輩から「会計事務所に転職するのはいいと思うけど、ブラックな事務所にだけは注意しろ」といわれた。ブラックな環境の会計事務所の求人を見分けるにはどうしたらいい?

この記事では、会計事務所と一般企業経理で10年ほど働いた経験がある私が、税理士業界のリアルな給料事情についてお教えします。

「これから税理士を目指して、会計事務所で働きながらキャリアアップしていく予定だけれど、やっぱり給料が不安…」という方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

会計事務所の給料相場【未経験者の場合】

結論から言うと、会計事務所の給料は「未経験入社で初年度は年収300万円~350万円」というのが相場です。

※現在募集中の会計事務所求人を見る(「未経験OK」のものだけでしぼりこんでみました)

>>未経験OKの会計事務所求人一覧(228件あり)

その後、実務経験3年目~5年目ぐらいで年収450万円~500万円ぐらいまでにあがってくれば順調といえる感じではないでしょうか。

5年目超~は税理士試験合格組とそうでない組に分かれます。

合格組の人たちは、当然ながら独立を目指して準備を始めることになるでしょう。

もし不合格の場合は、事務所内の幹部職員 or 一般企業経理への転職というキャリアアップ方法が期待できます。

会計事務所の給料相場・平均年収


  • 未経験スタートの場合:初年度年収350万円あれば好条件と考えましょう
  • 実務経験3~5年時点:年収450万円~500万円ぐらいが相場
  • 実務経験5年目~:税理士試験合格組は独立に向けて動き出す(年収はがんばり次第なので天井なし)
  • 実務経験5年目~:残念ながら税理士試験をあきらめざるを得なくなった人は、事務所内の幹部職員 or 一般企業経理への転職も視野に入れる(年収600万円~)

最初のうちは低年収なのが業界的な常識なので辛いと感じることもあるかもしれません。

しかし、この仕事は「顧問先の社長」とのつながりがどんどん作れる仕事ですし、事務所間で転職を繰り返して年収をどんどんアップさせ得ている人もいます。

実務3年目・5年目(そしてその間に税理士試験科目合格や5科目合格を重ねていけば)年収は少しずつアップしていくことが可能ですよ。

3年目~5年目以降は、税理士試験に合格出来ているかどうかによってキャリアの築き方がガラッと違います。

独立を目指す場合は、当然ながら年収はがんばり次第(営業力しだい)なのでなんともいえません。

会計事務所の幹部となる場合や、一般企業経理の幹部職(残念ながら私もこちらコースです…)だと年収600万円~を目指す感じになると思います。

会計事務所への転職は「未経験・資格なし」でも問題ない

上で未経験者OKの会計事務所求人の一覧を紹介しましたが、ここでいう「未経験者」は資格なしであってもほとんどのケースで問題なしです。 

未経験から会計事務所に正社員で働くことを目指す人の中には、「未経験であっても、税理士試験1科目ぐらいは受かってないとまずのかも…」「簿記2級は最低では持っていないとそもそも書類選考に通らないらしい」という思い込みをしてしまっている方が少なくありません。

しかし、実際は簿記の勉強をしたことがない、という人でも正社員で採用されるケースは普通にあります。

私が勤めていた会計事務所では、ほぼすべての人が「未経験・資格なし」での実務キャリアスタートになっていました。

(私は社員数名の小規模事務所・20名~の中規模事務所のいずれも経験していますが、いずれでも未経験資格なしの正社員採用を積極的に行っていました)

会計事務所経験者の給料相場【経験者の場合】

上では未経験の方の場合の会計事務所の給料相場について紹介しましたが、すでに会計事務所の実務経験がある人の給料相場についても見ておきましょう。

(現在、未経験の人は「数年後にはこういう状態になるんだ」という視点で見てください)

ちなみに実務経験者向けの求人案件の場合、「簿記2級以上」「会計事務所実務経験2年以上」の2つが条件になるケースが多いです。

↓※会計事務所の経験者向け求人一覧

>>実務経験者向けの会計事務所求人一覧(1199件あり)

会計事務所経験者の給料相場は、大きく分けて以下の3パターンで異なります。

会計事務所の実務経験者の給料相場3パターン


  • ①小規模~中規模事務所での実務経験がある人:年収400万円~
  • ②資産税・医療など特化分野の実務経験がある人:年収550万円~
  • ③国内大手~BIG4大手税理士法人に在籍している人:年収550万円~

もちろん、年収はその人自身の仕事のパフォーマンスによるのであくまで平均ですが、同じ経験を積むなら「得意分野」があること、大規模事務所での経験があることは強みになることは間違いないでしょう。

ただし、上の国内大手~BIG4税理士法人に未経験者が採用されるには、学生時代に科目合格3科目以上などの勉強が優秀であることを証明できる実績が必要なのが実情ですね。

※BIG4税理士法人とは、外資系グループの日本法人である以下の4つの事務所のことを言います。


  • PwC税理士法人(プライスウォーターハウスクーパース)
  • DTT税理士法人(デロイトトウシュトーマツ)
  • KPMG税理士法人(クリンヴェルドピートマーウィック&ゲルデラー)
  • EY税理士法人(アーンスト・アンド・ヤング)

会計事務所職員の給料が安い・上がらない理由と対策

一般的に「会計事務所の給料は安い」といわれることが少なくありませんが、その背景としては昔ながらの「所長=師匠、職員=弟子」という意識の会計事務所が少なくないことがあげられます。

実際、会計事務所の仕事というのは一人前になるまでにかなり時間がかかります。

自分が担当する顧問先が20社程度になり、そのすべてについて基本的に自分で決算を組んで税務申告まで完了できるというレベルになるまではどうしても3年~5年程度の実務経験が必要となるためです。

優秀な人のケースではこの実務を学ぶこの3年間~5年間のうちに税理士試験も3科目以上とってしまいますから、会計事務所の所長税理士としては「人を育てても、優秀な人ほど独立してしまうし…」という考えになりがちなのです。

「事務所の営業歴が長いのに小規模な会計事務所」は低年収になりやすい

そのため、小規模な事務所では「そもそも事務所を大きくする意思がない」という税理士も少なくありません。

こういった会計事務所ではそもそも従業員の給料をどんどんあげていこうという意識が低いですから、必然的に経験年数を重ねて年収がいつまでもあがらない…ということになりがちなのです。

「事務所を開業してからまだ間もない」という会計事務所が小規模なのはやむを得ませんが、「事務所開業から何十年もたっているけれど、事務所の規模は従業員数名~10人以内の小規模」というところには注意しておいたほうが良いでしょう。

(そもそも事務所の規模を拡大していく意思が薄い可能性大=従業員の給料福利厚生もあまり重視していない可能性大)

※↓現在募集中の会計事務所求人を見てみる

>>未経験OKの会計事務所求人一覧(228件あり)

「積極的に規模を拡大を目指している会計事務所を選ぶこと」が大切

もちろん、会計事務所の中には「ずっと小規模でいい」という発想の上記のような事務所ばかりではありません。

中には「従業員には給料をしっかり出し、定着率を高めて事務所の規模もどんどん大きくしていこう」と考えている事務所もありますから、そういったところを優先的に応募候補にしていくことが大切といえるでしょう。

具体的には、資産税(相続税案件)特化型の会計事務所や、医療法人などの「お金をたくさん持っている顧問先」を多く抱えている会計事務所の求人情報を積極的に情報収集するようにしておくのがおすすめです。

まとめ:税理士業界は努力した人がちゃんと報われる業界

今回は、会計事務所職員の給料の実態(経験者・未経験者別の年収や福利厚生の相場)について解説いたしました。

未経験スタートの初年度などはかなりの低年収…となってしまうのは業界的にやむをえないですが、この業界はそれでも挑戦する価値があると思っています。

税理士試験は実務と両立できる環境で、毎年1科目ずつ努力を着実に積み重ねていけば合格に至れる試験ですし、実務経験を積むほどに年収もちゃんと上がっていきます。

私のまわりにも、実務経験を積み始めた当初は低年収でも、がんばって税理士資格を取得し、税理士開業して年収数千万円稼いでいる人や、エリートサラリーマンとして成功している人たちはたくさんいますからね。

(中小企業で社長の右腕的な存在になったり、大手企業の経理財務幹部として引き抜かれたりしていった人がたくさんいます)

私は「28歳無職ニート」で会計事務所でゼロからキャリアスタートできました(あなたもできるはず!)

生活していく必要がある以上、給料や年収が気になる気持ちは(私も経験済みなのでほんとに痛いほど…)わかりますが、ぜひあなたの自身の長期的なキャリアゴールを見すえてがんばってみてください。

税理士業界は、努力した人がちゃんと成功できる業界だと思っています。

ぜひ挑戦してみてくださいね。

(未経験・資格なしからでも正社員としてチャレンジできる会計事務所はたくさんあります。私は28歳失業中のニートからこの業界でキャリアスタートしました)

投稿日:

Copyright© 税理士志望者の転職ナビ , 2019 All Rights Reserved.